「延長戦」に潜む不安 危機対応ファンド人気に
証券部 松崎雄典

2015/10/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は30日の決定会合で金融政策の現状維持を決めた。だが、株式市場ではなお追加緩和の思惑がくすぶり、日銀にらみの相場は「延長戦」に入る。世界的な緩和モードは資産価格にはプラスだが、際限のないマネー供給に不安もよぎりはじめている。

日銀の決定が伝わった直後、日経平均はいったんは下げたものの、売り一巡後は買い優勢となった。「日銀がカードを持ち続けているからこそ売れない」(JPモルガン・アセット・マネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]