/

この記事は会員限定です

ソニー、最大4000億円調達 26年ぶり公募増資

[有料会員限定]

ソニー公募増資と新株予約権付社債(転換社債=CB)で最大4000億円を調達する。エレクトロニクス事業の合理化が一巡し、強みを持つ画像センサーへの重点投資を計画している。業績回復と株高を背景に、再成長に向けた長期資金を確保する。ソニーの公募増資は1989年以来26年ぶり。今年の公募増資では最大規模になる。

30日午後に発表する。4000億円のうち7~8割を公募増資で、残りをCBで、いずれも7月中をメドに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン