/

この記事は会員限定です

眠る個人の現預金864兆円 投資の主役は次世代に

[有料会員限定]

東京都多摩市の恵泉女学園大学に勤める中川雄太郎(27)は1年前から、毎月2万円ずつ投資に回している。日本や海外の株式を投資信託を通じて少しずつ買う。年間100万円の投資額まで、もうけが非課税になる少額投資非課税制度(NISA)も使っている。

「やはり自分で将来に備えておかねば」。7月に参加したセミナーで驚く数字を見せられた。1億7500万円。85歳まで生きるとして安心できる老後資金の試算だ。公的年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1757文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン