/

ソニー5年ぶり最終黒字 4~9月、復活に道筋

ソニーが29日発表した2015年4~9月期の連結決算米国会計基準)は、最終損益が1159億円の黒字(前年同期は1091億円の赤字)になった。上期の最終黒字は5年ぶり。電機の中で出遅れていた構造改革の成果が出始め、戦略分野と位置づける画像センサーやゲームも好調だ。長期低迷からの復活の道筋が見えてきた。

決算発表するソニーの吉田副社長(29日午後、東京都港区)

16年3月期通期は、3年ぶりの最終黒字1400億円(前期は1259億円の赤字)を見込むなどとする従来予想を据え置いた。吉田憲一郎副社長は会見で「過去に何度も繰り返した下方修正は避けたい」と達成に意欲を見せた。

4~9月期の純利益の水準は、パナソニックや日立製作所など電機6社の中で最も多い。株式売却益などの特殊要因もあるが、見逃せないのは課題だったエレクトロニクス分野の収益改善だ。

前年同期に1760億円もの損失を計上するなどリストラを急ぐスマートフォンは、販売台数が28%減ったが赤字額は435億円と1300億円近く縮小した。新たなけん引役と期待する画像センサーなどのデバイス事業の部門営業利益は58%増えた。買収を決めた東芝の大分工場の半導体製造設備が稼働すれば一段の収益押し上げ要因になる。

ゲーム機の「プレイステーション(PS)4」は売れ行き好調で、今期の販売計画を1750万台と従来予想から100万台積み増した。エレクトロニクス分野はテレビやカメラ関連を加えた5事業すべてで損益が改善した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン