2019年3月19日(火)

3/19 9:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,435.35 -149.15
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,390 -20

[PR]

業績ニュース

インフラファンド、3本目が上場 太陽光発電に投資

2017/3/29 23:00
保存
共有
印刷
その他

太陽光発電所に投資して運用する日本再生可能エネルギーインフラ投資法人が29日、東京証券取引所インフラファンド市場に上場した。インフラファンドとしては3本め。終値は8万6600円で2018年1月期の予想分配金から算出した利回りは7.1%となった。

既に上場するタカラレーベン・インフラ投資法人ら2ファンドの分配金利回りはいずれも5%を超えており、不動産投資信託(REIT)の平均利回り3.7%を上回る。ただREITに比べてまだ市場規模が小さく商いも低調なため機関投資家が投資しづらいとの指摘もある。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は岩手県や高知県など8カ所で大規模な太陽光発電所を運営し、年8億円以上の売電収入を見込む。現在の資産規模は82億円。今後は新たに30カ所で発電所の運用を見込んでおり、3年後に資産規模は1000億円に拡大する見通し。

太陽光発電は国の固定買い取り価格が下がっているが「買い取り価格が高めの時期に権利を確保した案件はなお多く、まだまだ成長市場」(運営を支援するスポンサーのリニューアブル・ジャパンの真辺勝仁社長)。初値は8万9200円と公開価格(9万3000円)を下回った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム