トヨタ新型株に反対 議決権行使助言のISS

2015/5/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

議決権行使を投資家に助言する米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)が、トヨタ自動車が長期保有の個人投資家を増やす目的で発行を計画する新型種類株に反対しているのが28日明らかになった。安定株主が増えると、かえって経営の規律が失われる恐れがあるとしている。

トヨタの新型種類株の発行には、6月16日の株主総会で3分の2の賛成票を得る必要がある。国内では個人投資家を中心に歓迎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]