慎重な「逆張り個人」 膨張する待機資金、どう動く
証券部 篠崎健太

2015/5/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価が2万円を突破し、なお上昇が続く株式市場で蚊帳の外にいる投資主体がある。国内の個人投資家だ。模様眺めの姿勢を解かず、高値警戒を意識した短期筋の空売りも苦戦気味だ。相場の流れに逆らう個人の「逆張り」は転機を迎えるのか。

28日は円安・ドル高が株高を後押しし、自動車など輸出関連株に資金が向かった。みずほフィナンシャルグループが前日比6%高となるなど金融株も活況で、海外勢の間断ない買いが相…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]