/

この記事は会員限定です

中堅・新興で新監査制度の採用広がる 社外役員不足背景に

[有料会員限定]

新しい監査制度の採用が中堅、新興企業の間に広がっている。5月の改正会社法施行で導入された、社外取締役監査役となり経営を監視する新制度に移行した上場企業は200社超。うち半数を東証2部やジャスダックなど、東証1部以外の企業が占める。経営の透明性を高める本来の狙いに加え、社外取締役の人材確保が困難な企業の受け皿になっている側面もありそうだ。

新制度は「監査等委員会設置会社」。取締役会の中に3人以上の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン