2018年1月24日(水)

中堅・新興で新監査制度の採用広がる 社外役員不足背景に

2015/9/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 新しい監査制度の採用が中堅、新興企業の間に広がっている。5月の改正会社法施行で導入された、社外取締役が監査役となり経営を監視する新制度に移行した上場企業は200社超。うち半数を東証2部やジャスダックなど、東証1部以外の企業が占める。経営の透明性を高める本来の狙いに加え、社外取締役の人材確保が困難な企業の受け皿になっている側面もありそうだ。

 新制度は「監査等委員会設置会社」。取締役会の中に3人以上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報