2018年9月25日(火)

9/25 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: GPIF、リーマン再来なら巨額評価損 危機に備えを[有料会員限定]
  2. 2位: 米国株、売り優勢で始まる 米中摩擦の長期化を警戒
  3. 3位: 割安株相場の到来か 10年越しの交代、カギは金利[有料会員限定]
  4. 4位: 楽天、携帯黒字化1年前倒しも 通信網を安く構築[有料会員限定]
  5. 5位: ブラジルレアルが最も上昇 貿易戦争激化の懸念後退[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,794,118億円
  • 東証2部 92,521億円
  • ジャスダック 102,703億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.36倍 --
株価収益率15.06倍15.33倍
株式益回り6.63%6.52%
配当利回り1.62% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

[PR]

スクランブル

フォローする

危機占う「ワル」運用 防衛関連株に資金集まる
証券部 嶋田有

2017/9/28 22:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 「ワル者ファンド」――。こんな風変わりな名称の投資信託が米国で大きく値上がりしている。北朝鮮情勢に打開の糸口が見えないなか、多く保有する防衛関連株の上昇が続いているためだ。国内の投資家の視線は衆院選の行方に集中する。だが、グローバルにみれば地政学リスクへの危機感がむしろ高まっていることを物語っている。

 米USAミューチュアルが2002年に設定した「VICE(悪徳) FUND」がそれだ。たばこ会社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム