上海株続落、企業業績への警戒強まる

2015/1/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28日のアジア株式市場は下落が目立った。中国でも上海総合指数が続落した。決算発表の本格化を前に、企業業績に対する不安心理が上値を抑えている。

上海総合指数の28日終値は前日比1.41%安の3305だった。重荷となったのは、業績に対する楽観論の修正だ。中国は27日、2014年12月の工業分野の企業の利益が前年同月比8%減ったと発表した。理由は「需要不足により石油・石炭業界の利潤が減少したこと」(国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]