/

会計士協会長、東芝の監査意見「残念」 あらたの調査継続

日本公認会計士協会の関根愛子会長は28日、金沢市内で記者会見した。東芝の2017年3月期決算の監査意見が限定付き適正(一部の不適切な事項を除けば適正)になったことについて、本来はお墨付きを与えるはずの監査が異例の対応となり「残念だ」と述べた。東芝を担当するPwCあらた監査法人に対する調査を継続していることを明らかにした。

現在は監査業務審査会と呼ぶ協会内のチームを通じ、東芝への監査が適正に実施されていたかどうか情報収集を進めている。詳細な調査や処分が必要かどうか結論を出す時期については「拙速にならないようにしたい」と述べるにとどめた。

前期の東芝の監査は会計士業界でも論争を呼び、最近では東京衡機の決算でも限定付き適正が付いた。監査法人が今後も限定付き適正を多発するのではないかとの質問については、「やむを得ない場合はあるかもしれないが、多発することはないと思う」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン