2017年12月11日(月)

ドコモ営業益、3位転落 15年3月期、減益幅2割に拡大

2014/10/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 NTTドコモの2015年3月期の連結業績(米国会計基準)は、営業利益が6500億円前後に減少し、上場以来初めて携帯大手3位に転落する見通しだ。音声通話が定額になる新しい料金制度を導入した後、高額利用者を中心に急激に移行が進み、大幅な減収要因になっている。スマートフォン(スマホ)販売促進の割引費用も重荷だ。

 従来は営業利益を前期比8%減の7500億円と見込んでいたが、減益幅が約2割に広がる。31日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報