/

この記事は会員限定です

発端は1本の電話 墜ちた東芝

(ルポ迫真)

[有料会員限定]

7月21日午後5時。東芝社長の田中久雄(64、同日付で辞任)はやつれきった表情で記者会見場に現れた。「創業140年の歴史で最大限にブランドイメージを毀損した」。田中ら歴代社長3人が辞任し、日本企業全体の信頼を損ないかねない巨額の会計不祥事。半年前、これほどの問題になると予想した人がどれだけいただろうか。

発端は1月下旬、東芝の経理担当者あてにかかってきた1本の電話だった。電話の向こうの声は「証券取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン