/

この記事は会員限定です

石油・商社、原油安で損失1兆円 在庫価値目減り

[有料会員限定]

企業業績が原油価格の急落に揺れている。原油在庫の価値の目減りなどで、石油元売りと総合商社で計1兆円の損失が発生する見通しだ。東燃ゼネラル石油は2014年12月期に800億円規模の営業赤字、昭和シェル石油は5年ぶりの営業赤字になったとみられる。一方で燃料費が安くなり海運や空運各社の業績は計画を上回ったようだ。

今週から本格化する14年4~12月期の決算発表では、円安による輸出採算の改善や国内の消費動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン