東証、時価総額7年ぶり550兆円超 バブル期の9割
海外投資家が株高けん引

2015/2/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

26日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、ほぼ15年ぶりの高値をつけた。東京証券取引所第1部の株式時価総額は7年ぶりに550兆円を超え、バブル期のピークの9割の水準になった。好調な企業収益と年金基金などの買いを背景に、海外投資家が先週1週間で1兆1000億円を買い越して株高をけん引している。ただ、急ピッチな上昇に市場では高値を警戒する声も出ている。

日経平均の終値は前日比200円(1.08%)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]