/

この記事は会員限定です

経営目標にROE広がる 伊藤忠15%、三井化学8%

[有料会員限定]

少ない元手でどれだけ効率的にもうけられるかを示す自己資本利益率(ROE)を、中期計画などの目標に掲げる企業が増えてきた。伊藤忠商事は早期に15%を目指すほか、三井化学は今後2年内に8%以上にすると明記した。ROEを重視する外国人投資家が存在感を増し、政府の成長戦略でも企業の「稼ぐ力」の強化がテーマになっていることが背景にある。

ROEを高めるにはまず売上高や利益を増やすことが重要になる。自社株買い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン