/

この記事は会員限定です

個人投資家、振り向けばいつも逆張り

(市場の力学)

[有料会員限定]

国内株式売買代金の2割程度を占める個人投資家。この層が厚くなれば市場の活力も高まりそうだが、行動原理には不思議な面も多い。素顔をひもといてみよう。

「まだ売るのか」

「まだ売り足りないのか」。1月4日、カブドットコム証券の斎藤正勝社長は店内データを見て驚いた。日経平均株価は大発会として4年ぶりに上昇したが、個人の売買動向は売り越しだった。

個人の多くは上げ相場で売り、下げ相場で買う「逆張り」だ。米大統領選後の大幅な株高は、売買代金の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン