2019年6月25日(火)

フォローする

「教育」は、世の中をよくできるか。

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートさせました。今回のシリーズのテーマは「革新力」です。日本経済新聞の紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。企業のモノ作りは、サービスは、金融は世の中をよくできるのか。革新的なアイデアをお寄せください。

世界をリードする「人財」をどう育てるか?
読者の提案 永瀬昭幸・ナガセ社長 東進ハイスクール理事長編

(5/5ページ)
2016/8/29 3:30
保存
共有
印刷
その他

■まずは小さなことから

塩浦 尚久(早稲田大学基幹理工学部4年、22歳)

現在日本が直面している課題は国民のことを考えられる指導者をどう育成していくかということである。周りのことを考えられるようになるためには小さいころから利他主義の精神を培う必要がある。ではどのようにすればその精神を培うことができるのか。私は経験を積むことが最も重要なことであると考える。しかし、いきなり大きな組織で行わせようとすると、どう行動したらいいのか分からない人もいると思う。そういう人に対し、まずは小さい組織のリーダーとして任命し、フィードバックするということを行えばリーダーとしての能力が段階的に身についていき、社会に出るころには人財として活躍できるのではないか。小さい経験でも成功をすればそれがモチベーションに、また自信につながる。課題を解決するためには小さなことから取り組んでいく必要がある。

■「発想型・発信型教育」で未来を創る

西尾 龍二(慶応大学大学院経営管理研究科修士2年、23歳)

世界で活躍する人財を輩出するには、日本の教育を従来の「暗記型教育」から「発想型・発信型教育」へと変えることが必要だ。日本の教育の問題点は、覚えることに重点が置かれていることだ。教科書の内容や先生の話したことを暗記し、その出来具合で試験の点数の優劣が決まる。ビジネスとはより良い社会を創ることだ。従来の日本の教育で養われるのは「記憶力(暗記力)」であり、より良い社会を創るのに必要な「想像力」や「創造力」は育まれない。今後、日本の教育に必要なのは、自己の考えを発信するプレゼンテーションや教室内で友達と意見を交わすディスカッションの機会を設け、「自分で考える力」や「様々な意見を柔軟に受け入れる力」を伸ばしていくことだ。これが現在の不確実性の多いビジネス世界で生き抜くために必携の能力ではないか。

■高校時代の海外留学

中林 健人(一橋大学法学部4年、23歳)

高校時代に海外へ数カ月間留学することができる機会を増やすべきだ。日本では未来のリーダーを数多く輩出するような名門校であればあるほど、大学入試に主眼を置いた教育が行われているのではないだろうか。世界をリードする人財となるためには、できるだけ若いうちから「世界」に触れることが大切だ。そのためにも自分の専門を決める大学入学以前に、海外で多様な経験を積むことが望ましい。同年代の優秀な学生たちと交流することで、世界のライバルを知ることができる。また英語に関しても実際に一定期間海外で生活することは「受験のための英語」ではなく、「世界で活躍するための英語」を学ぶモチベーションにつながる。そして何よりも受験勉強や部活動に追われる日々の学生生活を離れ、異文化の中で過ごす数カ月間は自分が将来何をしたいのか、何をすべきなのか考えるための有益な時間となるはずだ。

■地方で育てる"ローカル・イノベーター"が世界をリードする

林 雅則(公立大学法人役員、63歳)

未来の人財を育てるには、教育者自らが異文化と交わり、多様な価値観を受け入れることが大切だ。従来、公教育が教育産業と提携することはタブー視された。しかし、教育分野でも公私、官民の連携が必要な時代だ。県教育長のとき、学校教員を東京事務所に配置し、ナガセと連携して予備校や進学塾に出入りさせた。その教員が現場に戻り、教育をより強くしている。さらに世界で活躍するトップ企業の経営者などに教壇に立ってもらい、その人格に直接接する影響は絶大だ。福井県は独自の海外展開を進める中小企業が多い。躍動する地方同士がグローバルに結び付く時代だ。地方で育てる"ローカル・イノベーター"こそが新時代の世界をリードする人財になると信じる。

次回の未来面

次回、9月5日付未来面ではANAホールディングスの片野坂真哉さんが課題を提示します。アイデアを広くお待ちしております。

未来面 革新力をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
保存
共有
印刷
その他

東原敏昭・日立製作所社長兼CEO編

国分文也・丸紅社長編

高橋広行・JTB社長編

山内雅喜・ヤマトホールディングス社長編

尾堂真一・日本特殊陶業社長編

柄沢康喜・三井住友海上火災保険社長編

大野直竹・大和ハウス工業社長編

越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長編

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ連載トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報