/

ワンタップバイ、日本株を開始 1000円から購入可能

スマートフォン(スマホ)専業証券のワンタップバイ(東京・港)は24日、日本株の取り扱いを開始したと発表した。専用のアプリを使って主要30社の株式を最低1000円から購入できる。投資のハードルを下げ、若年層や投資経験の少ない層の取り込みを狙う。

取り扱いを始めるのはトヨタ自動車任天堂などの主力株が中心。知名度や流動性の高さなどを重視し、「投資初心者が売買しやすい銘柄を選んだ」(林和人社長)という。

同社は2016年6月にアップルなど主要な米国企業30銘柄の取り扱いを始め、17年2月には日本株の上場投資信託(ETF)3銘柄を追加した。顧客口座数は現時点で約4万件。今後3年内に10倍程度の口座数をめざすという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン