/

この記事は会員限定です

米利上げ、警戒じわり 運輸や資源、投資家が敬遠

証券部 湯浅兼輔

[有料会員限定]

米国の利上げに市場が身構え始めている。23日の日経平均株価は反発した。好決算を手掛かりに内需株が買われる陰で、さえない銘柄群がある。海運、陸運、商社、非鉄。すべて世界景気に業績が影響される業種だ。年内に米利上げが確実視され、市場では新興国経済の先行きに悲観的なシナリオがささやかれる。日本株への楽観論は根強いが、投資家は近い将来の波乱に警戒感を強めている。

23日、日本郵船と三井物産住友金属鉱山は逆行安となった。株価は昨年末に比べてマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン