2019年2月16日(土)

日本風力開発、TOB発表 米ファンドと社長ら実施

2015/3/23付
保存
共有
印刷
その他

風力発電国内3位の日本風力開発は23日、米大手投資ファンドのベインキャピタルと日本風力開発の塚脇正幸社長が共同で設立した会社が、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。日本風力開発株の買い付け価格は1株580円で、24日に開始する。

米ファンドと塚脇社長の折半出資会社によるTOBで、買収対象企業の経営陣が出資し事業を継続するマネジメント・バイアウト(MBO)という買収手法となる。完了後、日本風力開発株は東京証券取引所第2部を上場廃止になる見通しだ。23日の取締役会でTOBへの賛同を決めた。

買い付け価格は20日終値を25%上回る水準で、23日の株式市場では日本風力開発株に買い注文が集まった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報