/

タニタ前会長、ペットの健康管理へVB 食堂や体脂肪計開発へ

ペットにも健康食堂を――。体重計などの健康機器大手、タニタの前会長の谷田大輔氏(74)がペットビジネスに参入した。自ら代表権を持つ会長となりベンチャー企業を設立し、このほど素材を厳選したペットフードの通販を始めた。今後はペット向けにヘルシー食堂の開設や体脂肪計の開発を目指す。タニタでの経験を生かしてペットの健康管理需要を開拓する。

社名は「Fanimal(ファニマル)」(東京・文京)。同名のサイトでペットの健康情報を掲載し、犬猫用のフード販売を始めた。近くペットサロン数十店と提携し、サイト経由で予約できるようにする。2017年度に売上高10億円を目標とし「数年後の上場を目指す」(谷田氏)考えだ。

社長には宿泊予約サイト大手、一休の元取締役の漆原秀一氏が就いた。谷田氏は会長としてペット食堂の開業を準備する。谷田氏はタニタの創業家出身で、社長時代には体脂肪計付き体重計でタニタを成長させた。

矢野経済研究所の調べでは、16年度の国内のペット関連市場規模は前年度比1%増の1兆4845億円の見通し。ペットの寿命がのび、緩やかながら右肩上がりの成長が続く。谷田氏はこうした需要に着目し、タニタ時代のユニークな製品開発のノウハウをペット向けに生かす。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン