/

ムーディーズ、東芝の格付けを投機的水準に S&Pも下げ

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は22日、東芝の長期会社格付けを「トリプルBマイナス」から投機的な水準である「ダブルBプラス」に1段階下げたと発表した。多額の赤字で財務が悪化するため。今後の見通しも格下げ方向とした。ムーディーズ・ジャパンも同日、東芝の格付けを「Baa3(トリプルBマイナスに相当)」から投機的水準の「Ba2(ダブルBに相当)」に2段階下げた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン