/

東芝、昇降機世界大手の株を1180億円で売却 財務改善へ

東芝は22日、昇降機世界大手、フィンランドのコネ社の保有株を売却したと発表した。売却額は8億6470万ユーロ(約1180億円)で、2016年3月期に約1130億円の売却益を計上する見通しだ。不適切会計問題を受け、財務改善に向けた保有資産の売却を進める。

子会社の東芝エレベータが2002年にコネ社と資本業務提携を結んだ時から株式を保有していた。今回、発行済み株式の4.6%に当たる全株を売却した。

東芝は問題の調査が長引き15年3月期決算を確定させられず、今期の業績予想も開示していない。調査に当たった第三者委員会の指摘を踏まえて集計作業を急ぎ、8月末に前期決算などを発表する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン