/

この記事は会員限定です

マネー萎縮・株安連鎖 日経平均597円安、世界景気変調を警戒

[有料会員限定]

株安が世界に連鎖している。21日の日経平均株価は前日の欧米株の大幅下落をうけて600円近く値下がりし、ほぼ1カ月半ぶりに2万円の大台を割り込んだ。中国経済の減速を起点とする世界的な景気変調への警戒感が強まり、萎縮した投資家が株式や社債などから先進国の国債、金といった安全資産へ資金を移している。

日経平均の終値は前日比597円(3%)安の1万9435円で、3カ月半ぶりの安値。下げ幅は、中国・上海総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り797文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン