/

この記事は会員限定です

東芝債、株式と温度差 海外勢が持ち高減らす

[有料会員限定]

経営再建中の東芝を巡り、債券市場と株式市場で投資家の間に温度差が出ている。債券市場では6月以降、半導体メモリー事業の売却遅れが懸念されて東芝の社債利回りが上昇(価格は下落)。一方、東芝株は週間で2割上昇した。投資家の視線の先にあるのは何か。

「東芝と米ウエスタンデジタル(WD)、双方が満足できる解決策はあるはずだ」。「物言う株主」で知られる米投資ファンドのグリーンライト・キャピタルは14日、東芝株の取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン