電機株 ITバブル迫る 業態転換、非エレキに熱視線
証券部 田中博人

2015/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東証1部の時価総額が1989年末の過去最高に届く寸前で足踏みする中、市場参加者がその成否を注視するもう1つの「バブル超え」がある。電機株だ。経営再建中のシャープや不適切会計の東芝などマイナスイメージが強い電機株だが、株価はIT(情報技術)バブル期以来、約15年ぶりの水準まで上がってきた。電機株の意外な躍進の理由は何か。

21日、業種別日経平均の電機株は前日比1円39銭安の5034円39銭と下げて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]