/

この記事は会員限定です

「引き際」探る解散相場 海外勢、割安修正で選別姿勢

証券部 宮本岳則

[有料会員限定]

20日の日経平均株価は前日比12円高と小反発し1万7300円台を回復した。衆院解散・総選挙を手掛かりにした海外投資家の買いで、「解散相場」は堅調さを維持しているようにみえる。だが、その動きを注意深く観察すると、買い一辺倒ではないことがわかる。海外勢の中には、個別銘柄の価値を冷静に見極め、資金の「引き際」を探る投資家もいる。

「選挙に勝てば、安倍晋三首相は構造改革にじっくり取り組めるので、ポジティブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン