/

この記事は会員限定です

イオン15%経常減益 15年2月期、総合スーパー苦戦

[有料会員限定]

小売り最大手、イオンの業績が苦戦している。消費増税と他業態との競争激化で主力の総合スーパーの採算が悪化し、2015年2月期の連結経常利益は1500億円程度と前の期より15%減ったようだ。従来は2000億~2100億円を見込んでいたが一転して減益となる。経常減益は2期連続で、地域に密着した商品開発などで収益力の回復を急ぐ。

総合スーパーは収益源である既存店の売上高が昨年4月から今年1月まで10カ月連続で前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン