/

この記事は会員限定です

外資国内不動産の売買拡大 民間調べ、1~9月過去最大

(更新) [有料会員限定]

外資系法人による国内不動産の売買が拡大している。2015年1~9月は取得、売却とも7000億円を超え、同期間としてデータがある1996年以降で最大となった。価格上昇で売却益を得る投資家がいる一方、利回りの高さから長期で運用する政府系ファンドなどの資金が流入している。国内市場で外資の存在感が増し、活発な取引につながっている。

みずほ信託銀行系の都市未来総合研究所が集計した。1~9月の外資の取得額は前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン