/

この記事は会員限定です

東芝再建、時間との闘い 米原発で損失最大7000億円

[有料会員限定]

東芝が2017年3月期に米原子力事業で最大7000億円の損失を計上する可能性が出てきた。想定外に損失が膨らみ、最終赤字額によっては今期末の自己資本が大きく目減りする。主力取引銀行に対し資本増強を含む支援を要請する一方、資産売却や主力の半導体事業の分社化作業を急ぐ。だが期末までに残された時間は2カ月強。再建は時間との闘いになりつつある。

東芝が昨年末時点で見込んだ米原子力事業の損失額は最大でも50...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン