/

この記事は会員限定です

持ち合い株、売却加速 新日鉄住金は1500億円

[有料会員限定]

上場企業が株式の持ち合い解消を加速する。新日鉄住金は関係会社株を含めて今後3年で1500億円程度を売却する。三菱地所コマツも保有株を売却し、資金を成長投資に振り向ける。政府は6月末にまとめる成長戦略で、銀行に持ち合い株の売却を促す方針だ。投資家から批判が多い持ち合いの解消が進めば、日本市場への投資が一段と増えそうだ。

銀行や事業会社が互いに株を持ち合ったり、取引上の理由から政策的に株を取得して安定株主になると、一般の投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り933文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン