/

この記事は会員限定です

監査、「欧米流」導入200社に迫る 内側から経営チェック

[有料会員限定]

欧米流の企業のチェック体制が日本でも広がりそうだ。監査役取締役会の外から経営をチェックする従来のやり方ではなく、監査の担当者が取締役となり、内側から経営をチェックする仕組みだ。移行する上場企業は既に200社に迫る。経営の透明性向上が期待できる。制度の導入が比較的容易なため、今後も採用する企業は増えそうだ。

5月の改正会社法施行で認められた新制度「監査等委員会設置会社」だ。これまで取締役会の外に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン