円安でも主役は内需株 デフレ後にらむマネー
証券部 松崎雄典

(1/2ページ)
2014/9/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価は18日、ようやく1万6000円台に乗せた。台替わりは3カ月半ぶり。円安進行がきっかけだが、過去の株高局面ほど円相場との相関性はみられない。世界の金融市場が正常化に向かい、リスクマネーが国や企業の個々の実力で選別しようとしているためだ。円安が進んでも今後のリード役は輸出株ではなく、成長戦略の多彩な内需株かもしれない。

16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、メンバーが政策…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]