マレーシア、原油安一服で株価上昇

2015/4/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

17日のアジア株式相場はやや軟調な展開だった。同日のクアラルンプール総合指数も前日比0.1%安とわずかに反落。ただ3月半ば以降、上昇基調にある。原油安が一服するとの観測が同国の資源関連銘柄の株価を押し上げている。

石油・ガス掘削関連大手のサプラクンチャナ・ペトロリアムの終値は2.72リンギと前日比1.5%伸び、3日連続で値を上げた。15日にニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]