/

大和証券Gに170億円支払い命令 英高等法院

大和証券グループ本社は17日、英国現地法人の過去の取引を巡る訴訟に関して、英高等法院から1億5280万ドル(約170億円)の支払いを命じる判決を受けたと発表した。大和側は控訴する方針だが、2017年3月期決算で支払いに備えた引当金を積む可能性が高い。

大和の英現法は09年、投資会社SHLの当時のオーナーから取引清算代金の支払いを求められ、2億449万ドルを送金した。その後SHLは破綻、14年になってSHLの管財人から大和に対し、詐欺的な不正送金に応じたとして同額の支払いを求める損害賠償請求訴訟を起こされた。

大和側は送金の根拠となる資料の受け取りなど合理的手続きを経ており、送金指示を拒む理由がなかったとして争っている。大和は今年度の決算で特別損失として、支払額の一部に利息や遅延損害金を加えた額を引き当てるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン