/

この記事は会員限定です

トランプ相場 曲がり角 信用バブルに反転リスク

証券部 川上穣

[有料会員限定]

昨年11月からの「トランプ相場」に陰りが出てきた。20日に就任式を迎えるトランプ次期米大統領の政策期待が日増しに揺らぎ、日米株の上値は重い。市場を支配していた楽観が勢いを失い、中長期のリスクシナリオがにわかに意識され始めた。先進国のカネ余りが長い期間をかけて醸成した「信用バブル」の反転リスクだ。

16日の日経平均は一時200円超下げた。国内の大手証券トレーダーは「トランプ氏の『マイナス発言』が止ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン