株高の主役、海外で成長 7年で顔ぶれ交代
資源・新興国関連は退潮

2015/2/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価が16日、心理的な節目だった1万8000円台を約7年7カ月ぶりに回復した。日銀による上場投資信託(ETF)の購入など需給面の改善と好調な企業業績が背景にある。市場の評価を表す時価総額の大きな企業をみると7年前と顔ぶれが大きく変わった。海外展開やM&A(合併・買収)で外需を取り込んだ企業が市場の主役となり株高をけん引する。

16日は前週末の欧米株高の流れを引き継ぎ買いが優勢だった。銀行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]