インドネシア株反発、不動産株に増税リスク

2015/3/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

16日のアジア株は高安まちまちだった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見ムードが広がり、景気刺激策への期待がある中国株など買いは限定的だった。インドネシア株は反発したものの、同国の金融政策決定会合を17日に控え上昇幅は小幅にとどまった。

ジャカルタ総合指数は前週末比0.16%高の5435.27だった。バンク・セントラル・アジアなど主力銀行株が買われたが、不動産株などには下落も目立った。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]