旧AIJ投資顧問、破産開始決定 負債総額1313億円

2015/12/16 21:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

年金資産の消失事件を起こした旧AIJ投資顧問(東京・中央、現MARU)に対し、東京地裁は16日、破産手続きの開始を決定した。東京商工リサーチによると負債総額は約1313億円と今年最大。中小企業が集まる厚生年金基金などから受託した年金資産のうち、1000億円以上が返済不能とみられている。

年金資産を管理している6つの信託銀行が8月14日に破産を申し立てていた。債権者は2016年1月20日までに債権…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]