石油元売り5社、最終赤字 原油安で評価損4000億円超
15年度

2016/1/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原油安を受けて石油元売り大手の業績が悪化している。2015年度はJXホールディングス、出光興産など大手5社すべてが連結最終赤字になりそうだ。原油価格の下落によって発生する原油在庫の評価損は、5社合計で4000億円を超える見通しだ。海外での資源開発でも損失が広がっており、資源価格の急落が経営を揺さぶっている。

石油元売り5社がすべて最終赤字になれば14年度に続き2期連続。期初時点では全社が黒字化を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]