通信、吹き飛んだ4兆円 値下げ発言、試される底力
証券部 篠崎健太

2015/9/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

15日の日経平均株価は反発したが、下げ止まらなかったのが携帯電話大手の株価だ。携帯料金の引き下げを促す前週末の首相発言が売りを呼び、NTTを含む通信4社の時価総額は14~15日に約4兆円も吹き飛んだ。折しも米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone6s」の発表に重なり、3社は価格競争でつばぜり合いをみせる。政策リスクという不透明要因が加わり、株価は長いトンネルに入るのか。

15日の通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]