2/20 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  3. 3位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  4. 4位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
  5. 5位: NYダウ反発、115ドル高 中国の景気支援策に期待

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,728.01 +327.31
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,700 +330

[PR]

ポジション

フォローする

東芝社債奇妙な安定 売れぬ国内勢、海外勢は強気

2017/4/14 22:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の社債が奇妙な安定感を見せている。ようやく発表した2016年4~12月期決算で、米原子力発電事業の損失計上を巡る監査法人との対立が表面化。株式上場の維持に「黄信号」がともったが、社債の利回りはほとんど動かなかった。背景には売るに売れない国内投資家と、ヘッジファンドを中心とした強気な海外勢の存在がある。

「今週は東芝債で大きな売り物はなかった」。国内証券のトレーダーは残念そうに語る。東芝は11…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム