2018年6月23日(土)

6/23 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]
  2. 2位: 破綻した日本海洋掘削の市川社長「市況読み誤った」
  3. 3位: ワールドが再上場 MBOから13年、経営再建にメド[有料会員限定]
  4. 4位: 日産・三菱自「完全子会社化ない」 ゴーン氏[有料会員限定]
  5. 5位: 弱気相場入りした上海株 貿易摩擦懸念、IPO熱気冷め[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,579,780億円
  • 東証2部 100,669億円
  • ジャスダック 109,121億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.64倍15.06倍
株式益回り6.83%6.63%
配当利回り1.61% 1.65%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

スクランブル

フォローする

短期売買制限論の弊害 市場の流動性損なう恐れ
証券部次長 川崎健

2017/2/14 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 14日は2016年4~12月期決算発表の最終日。発表延期の東芝はさておき、他の個別株の動きを見ると、発表後に乱高下する銘柄が目立った。政府や企業の批判論者が投資家の「短期志向」を抑えようとしても止まる気配はなく、皮肉な結果に陥っている。

 「こんなに株価が動く決算とは思えないんですが」。14日、大手証券のトレーダーは苦笑いした。例えば前日取引終了後に通期業績を上方修正したアルバックは17%高で取引…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム