/

自社株買い、最高の4.3兆円 経営効率を優先

1~9月

上場企業による自社株買いの実施額が1~9月に4兆3500億円と過去最高を記録した。企業統治強化の流れのなか、資本圧縮で経営効率を高めようとの機運が強まっているためだ。一方、新株発行による資金調達は7000億円程度と低い水準にとどまった。内外経済の成長鈍化で設備投資などの資金ニーズが鈍っているほか、金利低下が追い風となって社債で必要な資金を調達しやすくなっていることも影響している。

今年に入って大型の自社株買いが相次ぎ、NTTドコモ新日鉄住金がそれぞれ1000億円以上の買い入れを発表している。この結果、1~9月の自社株買いは前年同期に比べて約4割増え、年間でも最高だった2015年(約4兆8000億円)を上回る可能性が強まっている。

一方、新株発行による資金調達(公募増資と転換社債の合計)は7200億円と4年ぶりの低い水準にとどまった。イオンフィナンシャルサービスの138億円の公募増資など小規模な案件が目立った。

株式発行による資金調達よりも資金を株主に返す自社株買いを企業が優先しているのは、企業統治の強化がひとつの理由だ。

上場企業は100兆円超と過去最高水準の手元資金を抱える。株主から預かった資金をいかにうまく使って利益を稼いだかを示す「自己資本利益率(ROE)」は15年度に7.8%と2年連続で低下した。12%と2桁のROEを誇る米国企業などに比べると見劣りする。日本企業には海外投資家を中心に余剰資金の圧縮を求める声が強まっており、「資金需要の乏しい企業は自社株買いに動きやすい」(野村証券の西山賢吾シニアストラテジスト)。

企業の成長期待が鈍化し、新規事業の立ち上げなどリスクを伴う投資のために株式を発行するニーズも低下している。金融緩和の影響で支払利息が大幅に下がった社債を発行して必要資金を賄う企業も多い。1~9月の国内での社債発行額は約8兆5000億円で前年同期比6割増と急拡大した。トヨタファイナンスが発行した3年債の利回りは過去最低の年0.0003%まで低下した。

企業統治で先行する米企業はより大規模な自社株買いを実施している。トムソン・ロイターによると今年1~9月の自社株買いは25兆6000億円に達した。これが株式相場を大きく押し上げており、米ダウ工業株30種平均は過去最高値圏で推移する。日本でも円高による企業業績の悪化が懸念されるなか、自社株買いの増加が株価の下支え要因になっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン