2017年11月25日(土)

社債発行見送り相次ぐ NTTなど、金利低下で需要減

2017/9/15 1:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 企業が社債による資金調達を相次いで見送っている。NTTグループが発行を先送りし、リコーや新日鉄住金も当面の起債を見送った。日銀のマイナス金利政策導入以降、低金利で資金調達できるとして社債発行が活発になったが、9月に入り地政学リスクが高まると長期金利が急激に低下。社債の金利も低くなりすぎて投資家の需要が集まりにくくなった。

 グループの資金調達を担うNTTファイナンスは300億~500億円程度、リコ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報