東芝問題で新日本監査法人を調査 会計士協会

2015/7/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本公認会計士協会は、不適切会計が明らかになった東芝の決算を監査した新日本監査法人について、手続きが適正だったかを調査する。東芝の第三者委員会が報告書を出すのを待って監査業務審査会を開催。重大な過失や故意による不正の見逃しがなかったか調べる。

監査業務審査会は協会の理事らが委員となり、担当会計士に面談したり監査調書を分析したりする。

会計士協会による会計士の懲戒処分には「除名」「会員権の停止」「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]