東証、サウジ証取と協業合意 アラムコ誘致に弾み

2017/3/14 12:17
共有
保存
印刷
その他

 東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)は14日、サウジアラビアのタダウル証券取引所と株式の重複上場、金融商品開発などで幅広く協業することで合意した。サウジを巡っては国営石油会社のサウジアラムコが2018年にも新規株式公開(IPO)する予定で、東証が上場を誘致している。東証はサウジと関係を深め、アラムコ誘致に弾みをつけたい考えだ。

 同日にタダウル証取のハーリド・アブドゥッラー・アール・ハサン最高経営責任者(CEO)が東証を訪問し、JPXの清田瞭グループ最高経営責任者(CEO)と協業の了解覚書を結んだ。

 ハサン氏は「両証取の協業を成功させ市場発展につなげたい」と述べ、清田氏は「JPXの強みの市場制度や強固な取引インフラなどの情報を交換し、金融商品開発や重複上場、宣伝活動などで協力したい」と資本市場に関する技術やノウハウを提供する方針を示した。

 この他、日本とサウジ両政府は、東証とアラムコによる上場研究グループ設置検討協議を支援することで合意している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 19:00
16:13
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 18:17
16:16
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
12:30
11:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報