/

東芝、最終赤字3900億円に 17年3月期 黒字予想が一転

東芝が14日に発表した2016年4~12月期連結決算見通しは、最終損益が4999億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)だった。米原子力事業の損失額が7000億円規模に上り、前年同期の4794億円の赤字に続く巨額の赤字となった。

売上高は前年同期比3%減の3兆8735億円に落ち込んだ。

巨額の赤字が財務に与える影響も大きい。自己資本は昨年末時点で1912億円のマイナスとなり、実質的な債務超過に陥った。今後、半導体事業の一部売却など資本増強策を進める。対策を打たない場合、17年3月期末も自己資本は1500億円マイナスになるという。

17年3月期通期の最終損益は1450億円の黒字だった従来予想から一転、3900億円の赤字(前期は4600億円の赤字)を見込む。売上高は1200億円上積みし、前期比3%減の5兆5200億円となる見通し。

東芝は14日午後6時半から本社(東京・港)で綱川智社長らが記者会見する。最終的な決算は3月14日までに発表する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン