市場、流動性への過信 原油安の影響軽視できず
証券部 田口良成

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2015/1/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原油安を起点にした不安が市場に広がっている。原油急落の問題が、信用リスクが高まる導火線になるかもしれないとの懸念だ。原油高は続くし、潤沢な緩和マネーが金融市場の安定を支えるとみていた市場参加者の多くの予測。それを見誤ったツケが待っているのではないか。市場には「流動性は幻想」だとする警鐘も混ざり始めている。

「破綻懸念先リスト」。市場関係者にこんな資料が広がり始めた。並ぶのは信用力の低い米国のエネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]